仮想環境にTeraTermで接続する

〇前提

virtual-blogger.net

↑の記事で、Hyper-Vを使用して仮想環境にCentOS7を入れています。

当記事は、その続きです。

 

〇ざっくり手順

  • IPアドレスを確認する。
  • ネットワークの設定をする。
  • IPを固定する。
  • TeraTermの自動ログイン設定をする。

 

〇IPアドレスを確認する。

以下のコマンドで確認できます。

ip addr

f:id:mashimain:20200906141023j:plain

f:id:mashimain:20200906141038j:plain

ここで、eth0のinetに表示されているアドレスへ、TeraTermで接続すればOKなのですが、inetが表示されていません。
これはネットワークの設定がされていないからのようなので、まずネットワークの設定を行います。

表示されている方は次の項は飛ばしてOKです。

 

〇ネットワークの設定をする。

eth0の設定は以下で定義されています。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-et0

f:id:mashimain:20200906141217j:plain

↑の画像のとおり、

ONBOOT=no

となっているため、デフォルトでネットワークが起動していません。

 

ifup eth0

で手動起動して、再度ip addrで確認します。

※ifupはroot権限が必要なのでsuしています。

f:id:mashimain:20200906141333p:plain

 

ip addr

f:id:mashimain:20200906141453j:plain

出てます。

試しにTeraTermで接続します。

f:id:mashimain:20200906141532p:plain

f:id:mashimain:20200906141544p:plain

f:id:mashimain:20200906141624p:plain

接続はOK。

ただ、デフォルトのネットワーク設定だとIPアドレスが固定されていないので、たびたびこの値が変わり、そのたびにTeraTermの設定を変更する必要があります。

面倒なので、ここで一緒に固定してしまいましょう。

 

〇IPを固定する。

sudo vim /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

f:id:mashimain:20200906141841p:plain

変更点は以下のとおり。

・IPアドレスの自動割り振り機能

変更前:BOOTPROTO=dhcp

変更後:BOOTPROTO=none

 

・IPアドレス

追加:IPADDR=192.168.xxx.xxx

ifup後に、ip addrで確認したものを設定します。

 

・デフォルトゲートウェイ

追加:GATEWAY=192.168.xxx.xxx

ルータのIPアドレスを設定します。

コマンドプロンプトで、ipconfigと入力すると出てくる「デフォルト ゲートウェイ」の値を設定すればOK。

 

・DNS

追加:DNS1=8.8.8.8

ルータのDNSでもOK。8.8.8.8はGoogleのパブリックDNSサービスです。

 

・プレフィックス長

追加:PREFIX=24

 

・linux起動時の動き

変更前:ONBOOT=no

変更後:ONBOOT=yes

 

変更が完了したら、ネットワークを再起動します。

systemctl restart network 

 

これでIPアドレスの固定は完了です。 

今後、このCentOS7はIPADDRで設定したIPアドレスで接続できます。

 

〇TeraTermの自動ログイン設定をする。

※TeraTermのインストール手順は省略しています。

ttlファイルを作成して、エディタで開いき、以下のとおり記載します。

username=''

password=''

hostname='192.168.xxx.xxx'

HOST=hostname

strconcat HOST ':22 /ssh /auth=password /user=';

strconcat HOST username

strconcat HOST ' /passwd='

strconcat HOST password

strconcat HOST inputstr

connect HOST

username、passwordには、CentOS7に接続する際の情報を入れます。

hostnameには、接続先のIPアドレスを入れます。

 

パスワードをべた書きすることに抵抗がある人は、以下で。

username=''

hostname='192.168.xxx.xxx'

HOST='enter password'

passwordbox HOST 'password'

HOST = hostname

strconcat HOST ':22 /ssh /auth=password /user='

strconcat HOST username

strconcat HOST ' /passwd='

strconcat HOST inputstr

connect HOST

 

作成したファイルをTeraTermマクロに紐づけます。

f:id:mashimain:20200906142426j:plain

これで、作成したttlファイルを実行すると、自動でログインまで行われます。

 

このままだと、TeraTermのウィンドウサイズや、文字色などがデフォルトのままなので、その辺も設定します。

 

まずはウィンドウサイズから。

f:id:mashimain:20200906142617p:plain

f:id:mashimain:20200906142625p:plain

↑の画面で、お好みの値に設定します。

 

f:id:mashimain:20200906142715p:plain

↑のとおり、設定を適当な場所に保存します。

私はTeraTermというフォルダを作って、その中にttlファイルと、ここで作成したiniファイルを格納しています。

 

最後にttlにiniファイルを読み込む設定を追加して完了です。

以下の画像は、パスワードをべた書きしないパターンです。

username=''

hostname='192.168.xxx.xxx'

inifile='C:\Users\user\Desktop\teraterm\centos7.INI'

HOST='enter password'

passwordbox HOST 'password'

HOST = hostname

strconcat HOST ':22 /ssh /auth=password /user='

strconcat HOST username

strconcat HOST ' /passwd='

strconcat HOST inputstr

strconcat HOST ' /F='

strconcat HOST inifile

connect HOST

赤字が追加部分です。

inifileには、TeraTermで作成したiniファイルを設定します。

 

以上。